あなたとわたしのこどもてつがく(仮)

「こどもの哲学」(P4C)とそれにまつわるものたちでテキストを書こう。みんなで書こう。

研修会でした。信頼とはなにか?の本質観取と、哲学対話の問いのもつ切実さとかいろいろ

1学期の授業が終わった。とても緊張することも多かったし、反省すべきところばかりである。未熟。でも基本的には教室に楽しい気持ちで向かっていけたし、生徒・学生とのやりとりは充実した時間だったなあと思う。夏休みしっかりと秋からの準備をして、秋からに臨もう。とりあえず、おつかれさまでした。

 

.......

子どもの哲学研修会で本質観取

先週末は立教での「子どもの哲学研修会」。担当は久しぶりに自分でした。

やりたかったことは、

はじめての哲学的思考 (ちくまプリマー新書) | 苫野 一徳 |本 | 通販 | Amazon

を参考文献に、そこで言われている「本質観取」としての哲学対話を実際にやってみること、でした。

レジュメより

当日はちょっと真面目にレジュメも作っていったので、そのレジュメから少し抜粋しておく*1

 

本質観取としての哲学対話はどうやってやるのか

一つの概念(感情:恋、嫉妬…、ことがら:教育、芸術、政治…、価値:道徳、正義、美•…)を取り上げて、対話を通してその概念の「本質」を洞察する。

 

五つの注意点

1 本質観取は辞書的な定義づけをするのとはまったくちがう。言葉の本質的な「意味」をつかみとるもの

2 本質とは絶対の真理のことじゃない。お互いにある言葉についてコミュニケーションをするさいに、無意識に共有している言葉の意味の本質を自覚的に表現すること

3 その概念についての経験がなければ本質観取は難しくなる

4 経験を語るうえでデリケートなテーマもある。実際にやるときには十分な配慮と注意をする必要がある

5 6人から12人くらいでやると、より普遍的な本質にたどり着きやすくなる

 

本質観取の手順

  1. 体験(わたしの「確信」)に即して考えましょう                  

  2. 選ばれたテーマ・概念についての問題意識(気になっていること、疑問点)を出し合う

  3. 事例を出し合う。それぞれのそのテーマ・概念についての体験を言葉にしてみる。考え合ってみる。

  4. 事例を分類し名前をつける(キーワードを見つける)

  5. すべての事例の共通性を考える。(本質を見つける)

  6. 最初の問題意識や疑問点に答える。(分かった本質をもとに問題を解き明かしてみる)

3と4のあいだのあたりで次の4つの観点で議論してみるとよい。

本質定義/類似概念とのちがい/本質特徴/発生的本質

 

当日は30名近い人に参加してもらったのだけど、全員で同じ手順で体験してみることが大切だと思ったので、グループを分けずにやってみた。

 

信頼とはなにか?

本質をとらえ出すことを目指した概念は、私の好みで

・信頼

・不安

・勝負 から選んだところ僅差で信頼に。

 

時間も1時間長で終わらせなくてはいけなかったので、かなり私のほうでテキパキと区切り、上記の手順をワークっぽく段階を踏みながらやってみた。それでも5の「すべての事例の共通性を考える」にまではたどり着けなかったのだけど。

 

 

 

これが板書*2

 

 

f:id:p4c-essay:20170723105414j:plain

f:id:p4c-essay:20170724151349j:plain

 こうやって出した事例からキーワードを探した。

f:id:p4c-essay:20170724151414j:plain

 

 信頼についてそれぞれの経験や事例などを手がかりに「信頼とはなにか?」を説明しうるようなキーワードを挙げていったのだけど、たとえばこんなものが上がっていた。

 

・誠実

・時間(継続性)

・愛

・好意

・信用との対比ー信用は結果的、信頼は動機的 信用は取引的 信頼は好意

・信頼を失うことと回復すること

・信頼は理由のないもの

・世界の見方を変えるもの

 

実際の本質観取の手順によれば、それらをもっと丁寧に検討しながら、その場のなるべく多くの人にとって納得できるかたちに洗練していくことになるのだけど*3、ちょっとした思いつきでキーワードが一通りあがったところで、もう一度最初にやった信頼についての「問題提起」をみんなで眺めてみるだけ眺めてみた。これはとてもおもしろかったし、最初に出ていた問いについてぐっと考えやすくなるような感じがあった。

 

.....

メタダイアローグとその前後に自分で考えたこと

研修会では後半には40分くらい時間をとってその日の対話や方法がどうだったかを話すメタダイアローグをする。そこで出た話題も、出ない話題もあるけど、担当者としてその前後で考えていたことをいくつか挙げておこうと思う。

 

ふだんそれぞれが主催したり、参加したりしている哲学対話との違いは感じたか

これについては当日もいろいろな意見が出ていた。*4

 

違うという印象を感じた人からは、

ワークっぽい、手順を一つ一つ踏んでいく感じ

国語の授業っぽい感じ

みんなで一つの合意形成を目指そうとしている感じ

「〜とはなにか?」というシンプルな問いしか扱わないこと

事例、体験を出す時間が明確に確保されていたこと

問いー答えの対応ではなく、言葉ー意味の対応がより強く意識されたこと

レジュメであらかじめ進め方が予告されていたこと

などの意見があったと思う。*5

違わないという感想の人からは逆に、

自分のやっているカフェと変わらない

ふつうに様々な問いを出したなかからたまたま「〜とはなにか」系の問いに決まったとしたら、やることとしてはそんなに変わらないのではないか

ワークっぽさを除けば、手順で示されているようなことはふつうに哲学対話をしていても、行きつ戻りつやっていること

といった声もあった。

 

自分としては、

「〜とはなにか?」というシンプルかつ単純な問いが授業などでの哲学対話で選ばれることを実はそんなに望んでいないなあと改めて思い返していた。それはなぜかというと、哲学対話で採用される問い自体に、問いを出した人の思いや背景や、気になっていることが反映されていたほうがその後の対話が面白い気がする、という感じによる。某妻の言い方を借りれば、問い自体に「切実さ」があるほうが対話に入ったときに、よりグッとのめり込んでいきやすい、というか。

 

ただ、本質観取的な手順は問い自体は「〜とはなにか?」という色のないものだけれど、その後その概念についてのお互いの事例や経験を丁寧に語り合う時間が存在する。そういう意味ではお互いの体験やそれについての背景を披露し合うことを重視している点では変わりがないとも言える。

 

「切実さ」は大事。

 

そうすると、ポイントは事例を重視するかしないかにあるのではなく、

問い自体に自分たちにとって身近な事例や体験という背景を求めるか、

問いには色がなくとも(個性がなくとも)それについて話すことのなかに事例や体験が盛り込まれればよいと考えるのか、

という違いになるのだろうか。

 

 

学校の授業でこのやりかたは使えそうか

1学期の自分の授業のなかでの哲学対話があんまりうまくいっていないというか、生徒・学生たちにとってはフラストレーションの溜まる時間も多かっただろうなという反省がある。

感想をみると、

結局人それぞれだと思う、とか

問いが難しすぎてよくわかんない、とか

すぐ答えが出ちゃった、とか、そういったものが目につく。*6

その要因にはいろいろ考えられるのだけれど、生徒・学生たちにかなりの部分を委ねて考えようとしても、どこかで行き詰まってしまったり、堂々巡りになってしまったり、論点が噛み合わなくなってしまったりと、深く考えた充実感みたいなものを感じさせてあげられていないということを一つ思っている。

 

苫野本に言わせるならば、

[...]哲学的思考や哲学対話にはちょっとしたコツがある。そうしたコツを知らずに、なまじ哲学的な対話をしてしまうと、非建設的な議論に終始して、僕たちはかえって対話への希望を失ってしまうことがある。*7

状態だ。「対話への希望」をもたずにダルそうにしている人たちが教室にはそもそもいる。そういう人たちに、哲学対話の時間が「やっぱ自分たちだけで話し合ってもダメじゃん」とその感覚を強める時間にはなってほしくない。

 

なので、今回のような、ある種の丁寧な方法論に沿ってみなで一旦は合意できるような答えを出してみて、しかもそれが自分一人ではたどり着けなかった考えの深まりをもっている、という体験をしてもらうことは、彼らのフラストレーションを解消し、「考えることって楽しい!」と思ってもらうためによいのではと思っていたりもする。

 

ただ当日のメタダイアローグでも出たけれど、このやり方で充実感をもってもらうには40人クラスを3~4つのグループに分けて丁寧に手順をワークシートなどで指示しながらやる必要があるけれど、どのグループも上手にできるとは限らない。そもそも教室で多くの人は自分の事例を話したいと思ってない。だから多少慣れている大人が雰囲気をつくり、発言の口火を切ったり、水を向けてあげることが必要なのだけれど、グループを分けるとずっとついていてあげることもできない。

 

教室で40人でやろう、というときにどういうやり方が適切なのかはまだまだ永遠と模索だ。

 
哲学って絶対の真理を見出すものじゃない、と言い切ってよいのか

当日こんなコメントもあった。

「信頼とはなにか?」という問いが多くのなかから選ばれて考えるときと、信頼について本質観取をすること、は別のことである可能性もあるのでは? 

なるほどと思った。

私も、これを受けて言うならば、問いのかたちは一見同じでも、真理を目指すか共通了解を目指すかによって場のつくりは変わってくるのかなと思う。

 

 

.....

苫野さんのすごいと思うところは、哲学対話についてのやり方を説明するときに、ある種の自分自身の哲学理解を惜しげも無く披露し、それにもとづいた哲学対話のやり方を提案しているところだ。「絶対の真理」を目指す、というような哲学観にははっきりと背を向け、だからこそ「共通了解」によって概念の「本質」を取り出すような哲学対話を推奨する。

答えのない問題を考えるにことこそが哲学だ、ともよくいわれる。でもそれはやっぱり誤りだ。少なくとも、それは哲学の半分しかいい当てていない。

残り半分の、もっと大事な哲学の本質がある。

それは、その問題をとことん考え、そしてちゃんと"答え抜く"ことだ。

何度もいうように、それは決して絶対の正解なんかじゃない。でも、それでもなお、哲学は、できるだけだれもが納得できるような"共通了解"を見出そうと探究をつづけてきたのだ。*8

 こういう立場については、モヤモヤすることもあるし、これからも考えていかなきゃいけない。

 

それとは別にして今、思うのは、自分が「こどもの哲学」とか「哲学対話」というときの「哲学」について、なんだかだれもが認めるところの哲学理解があるかのように、無色透明、「哲学ってこういうことです!別に私個人の哲学に対する立場とは別に説明してます!」って自分はなりがちだけれど、そんなわけないよな、ということ。

 

これが哲学対話です

 

っていうのはだから緊張もすることなのだけど、

自分もやはりその一角を担うのだから、こんな拙いブログだけど、書きながら、考えていかなくては。

 

最後に、ツイッターでの何名かの感想をば載せさせていただきます。*9

 

 

 

 

 

 

 

そう。これが一番言いたかった。

 

 

*1:以下は、苫野一徳『はじめての哲学的思考』ちくまプリマー新書、2017年よりブログ著者が抜粋し、まとめたもの

*2:2枚目の写真は全部が映りきっていません。どなたかもっとよいものをお持ちでしたらくださいー。7/24 写真をご提供いただいたので変更しました。ゆさん、まりんさん、

 

ありがとうございます。

*3:そこまでやってみたかった。どこかで少人数でもよいのでぜひ続きをしましょう。

*4:少し混乱を招いてしまったのは、私が当日時間がなく、また6~12人が適正人数と苫野さんがおっしゃっているにもかかわらず、大人数でやったことにより、マニュアルっぽさ、ワークぽさを意識されている方と、もしこれを少人数かつ時間をかけてやったらどうなるか、という観点で話している方が混在していたこと。

*5:繰り返しになるけれど、こういった違うという印象は当日私がワークっぽく進めたことに起因するものもあるはずで、共通了解を目指す哲学対話は安易な合意形成を意図したものではない。

*6:もちろん、どのクラスにも哲学対話を楽しみにしているコアなファンは若干名はいる。

*7:苫野, 2017, p. 11.

*8:苫野, 2017, p. 23f.

*9:不都合がおありでしたらすぐに消します。ご連絡ください。

学校で哲学対話をするとやっぱり色々難しいことに出会います、という話

ブログを書こう書こうと思っていたけど書けていなかった。

今日書くのは、日々書きたいなあと思っていたのとは別の話。

 

最近もいろんな学校で授業をしているのだけれど、二つの学校では哲学対話を多くしている。これが基本的には自分の本業、というか持ち味だ。だから一番楽しいし、充実しているし、いい授業ができている、かというとそういうわけでもない。やっぱり学校の教室で哲学対話をするのは難しい。*1

 

そもそもみんな哲学対話をやりたくて集まってるわけじゃない。

(そりゃそうだ。)

40人いるクラスで全体の輪っかでやると参加しない=考えようとしない人がいる。

(そりゃそうだ。)

対話が終わって休み時間に入ったらすぐにもう別のことに気が向いている。余韻がない。

(そりゃそうだ。)

 

今日のクラスも難しかった。

 

 

対話のなかでは普段の関係性を背景に攻撃的な発言も飛び出した。

直前に勉強したばかりだったのに、「人格攻撃」も飛び出した。

 

哲学対話で起きる人格攻撃ってたとえばこんな感じ。*2

ルール、ルールって言ってますけど、〇〇さんこそみんなでやらなきゃいけない話し合いのとき、話聞いてなくて注意されていたじゃないですか。だから〇〇さんの話は説得力がないと思います。

こういう発言はだめだ。これが実際は攻撃的な雰囲気で、複数なされたりするわけだからそうなったらもう対等な議論どころではないだろう。

でも、私が指摘する前に、学生のなかから 「今のは人格攻撃だと思います!」と言いづらいことをちゃんと言ってくれた人もいた。クラス内でなぜルールを守るべきかといったことについて、個人攻撃を超えてちゃんと考えようとする人もいた。

 

 

だから今日は、このままの話題で続けます、と宣言して時間まで話し合ってもらった。

最後までこれで良かったと思えるような確信はなかったし、授業後のコメントシートにも、今後の人間関係に影響が出る話題をなぜ授業でやるのかわからない、よくない、と書いてきた人もいた。*3

 

こういう授業は多くの教員は評価しないだろうし、哲学対話を授業でやる人のなかでもいろんな意見があるだろう。

 

でもなあ、普通の授業やHRではあえて触れないような話題にさしかかったときに、それを哲学対話の場面でも避けていたら、なんで哲学対話やってんだろ、とも思ってしまう。

 

もちろん、哲学するためなので、クラスや学校の問題を取り上げるためじゃないのかもしれないけど、真摯に哲学することは、問題を安易に回避しないことを含むと思うのだ。それを通して問題は解決しないことのほうが多いし、問題は露わになるだけで、授業後の人間関係はより気まずくなるかもしれない。哲学対話以外の多くの普通の学校の時間を生きている生徒や学生にとっては、問題だけ残して去っていく哲学対話の教員は悪魔のように映るかもしれない。

 

今回のようなシーンで哲学対話の教員にできるのは、過度の人格攻撃から生徒や学生を守ることに気をつけながら、それぞれが主張していようとしていることの内容と根拠に集中することだ。生徒たちが熱くなればなるほど、自分はそこで考えなくてはならないのだった。今日、それができていたかな。*4

 

こういうテーマで対話を続けることにしたこと自体は後悔していないけれど、自分がファシリテーターとして彼らの議論のところをしっかりと繋いであげられていれば、もっと違った展開があったのかもしれない。ああ。

 

そして、自分が来年度以降、どこかの専任教員になったときに、自分の学校や担任をもつクラスで同じことが起きたときに、どうするだろうか。ああ。

 

*1:去年ももちろん難しさは感じていたけど、今年はいっそう難しく感じるのはなぜだろう。持つ授業数が増えてこちらの一コマごとへの集中が足りないからかしら。

*2:内容は適当に改変しています。

*3:もちろん、クラスにとって大事な問題を話せて良かった、というコメントもあった。でも、やっぱり否定的なコメントがいくつかあるだけでそちらの方が気になってしまうものだ。

*4:本当は対話の内容そのものに注目すべきだったのに、このブログをみても内容よりそこで起きた出来事ばかりが気になってしまっている。よくない。ああ。

じょじょに「先生」になっていっている自分がいやだ

いやー、新年度始まると全然ブログにまでたどり着かない。書きたいことは色々あるのに。

 

でもちょっとがんばって、この一ヶ月半くらい過ごしていて、感じていることを記録しておく。

 

 

●専門学校で授業したよ

去年に引き続き、四月は某専門学校で授業をさせてもらう機会があった。

専門外のことにも関わらず、一生懸命聞いて、考えて、参加してくれるのでとても楽しい。

今年は、去年とは3つ大きく変更した。

 

①哲学対話の量を増やすこと。

②勉強したことを使ってグループで即興劇を作る授業を入れたこと。

③レポートの課題を変えたこと。

 

①は去年もやったのだけど、今年は学生さんたちのほうがもっとやりたい!と言ってくれたので回数を増やしてみた。哲学的な深い内容になるかどうか、といった地点ではなくて、とにかく普段は専門の勉強や実習の準備で忙しくてクラスメイトともゆっくり話せないなかで、お互いの価値観を交換できる、というだけで、とても貴重に思ってくれているようだった。

 

 

 

②は、勉強した論理学やクリシンの技法を使って、高価な売りつけたり、高額の現金をむしりとったり、意中の人に自分のことを好きだと言わせたりするような会話文を作ってみて、グループで劇にして発表、という授業である。直前になって、このクラスでならこんなチャレンジもしてみたい!と思って、見切り発車でやってみた。丁寧に見れば、きっと色々な改善点はあったのだろうけれど、みんなで笑いながらこれに取り組めたのは僕にとってもとても貴重な体験だった。

すごいなと思ったのは、5、6人のチームだったので、劇は必ずしも全員でなくてもいいよー、と言っていたのに、全グループで全員が劇になんらか関わるようにしていたこと。ちゃんとしてる。

③レポートは、授業で勉強した論理学やクリシンの技法から一つ好きなものを選んで、それをA: 小学生に伝わるような文体で説明する、B: 二人以上の会話のやりとりを通してそれが説明されるような文章を書く、C: 文体は普通でいいけど、必ず自分の専門の場面の具体例を入れる、という書き方についての注文をつけてみた*1。まだ実は丁寧に採点していないのだけど、みなさん創意工夫してこの難題にチャレンジしてくれたことは一読してわかる。疲れつつあったときに、読んだので、とても元気をもらったのでした。他の学校でもチャンスがあれば取り入れてみたい。

 

 

●高校生に授業してるよ

高校生に授業してるよ。

なんで自分がこんな考え方をするようになったのかもうよくわからないのだけど、なるべく先生っぽくいたくない、と思っていて、結構変な感じで、ゆるい感じで、関わっている。授業最初の礼をしたあと、「あー!授業やりたくないぞ!」って言って肩をぐるぐる回して、「さあ、授業やるぞ!」って言ってから始めたりしてる。

授業プリントとかも作ってる。プリントに穴も開けてる。「今、ここで」*2をやってみたりもしてる。中間テストに頭悩ませたりもしてる。

 

で、反省もしている。  

 

 

 

ちょっと落ち込んだりもしている。 

 

 

 

基本的に私が雑談も交えつつだけどプリントで講義をしているほうのクラスのほうが好意的な評価が多くて、サイレントダイアログとかやったり生徒どうして教えあいしてもらったりしてワークが多いクラスのほうに厳しめのコメントが混じっている感じ。

でもそりゃそうか。先生は自分たちが作業するのみてるだけだし、作業させられてるこっちはだるいし、お前が先生なんだからお前が喋れよ、って思うよね。そうだよね。ごめんなさい。でも喋りたくないんです、実は。それに「授業だから、先生だからみんなの前で喋る」って別に絶対的なことじゃないよね、って言いたいのです。でもこのことをわかってもらうには、しっかりと私のやりたいことを伝えたり、あるいは活動の中身が意義深いものじゃないとダメですよね、すみません。

 

高専生にも授業してるよ

 ありがたいことに高専でも授業をしてます。ここでは哲学対話をたくさんやってる。

みんなで安心して、自由に、じっくり考えるためにはどうしたらいいか、を、私一人じゃなくてクラスごとに学生さんたちと考えることをやりたい。だから対話のルールを提案してもらったりもするし、実際に彼らが良いと思うやり方でもやってみたい。

 

 

 

ちょこちょこ哲学の授業もしてる。下手くそなソクラテスの解説をしたあとに出た質問。難しい。でもすごい。無知の知による探究の態度は、実はソフィストさんのような知ったかぶりの知者の存在を必要条件とするのではないか、という質問のはず。誰かが暫定的にせよなんらかの知を提示してくれて、それを疑うことで、哲学は始まるのではないか。みんながみんな、よくわからんなあ、よくわからんな、そのことを自覚しようなあ、と言っていても何も起きないんじゃないか。ということ。どうなんだろ。難しい。

 

でも、みんな素朴に思ったことを発言したり考えたりできる環境があると講義っぽい授業も楽しいこともある。 

 

高専では「大福帳」*3使ってみている。 コメントをマメに返すということはできないけれど、二回に一回くらい書いてもらうことで、あちらの感じ方や感想が知れるのは良い。

 

 じょじょに「先生」になっていっている自分がいやだ

それでも、こんな感じでのらりくらりやっていても、じょじょに「先生」になっていっている自分がいやな感じがする。でもなんでそんなに「先生」になりたくないのだろう。やっぱりこども哲学することと、「先生」になることは違うことなんだろうか。

この前も、某先生と一緒に哲学対話の授業に入ったとき、私が喋っても生徒はそんなに一瞬で静かにならないけど、某先生が喋り出すと生徒は黙るのだ。やっぱり「先生の声」ってあるよね。僕はそれがまだうまく出せないときがあるし、意識的にそういう声を出さないようにしてるところもあるけど、こんな抵抗運動に意味はあるのだろうか。

 

●論文が出たよ

昨年度の終わりにまとめていた「子どもの哲学」関係の論文が二本、新年度になって刊行されたのだけど、一本はWeb上で読めます*4

 

小川泰治「「子どもの哲学」における知的安全性と真理の探究 何を言ってもよい場はいかにして可能か」、『現代生命哲学研究』第 6 号 (2017 年 3 月):62-78。

http://www.philosophyoflife.org/jp/seimei201705.pdf

 

新年度になってからは研究は絶賛ストップしていて、当面は再開される見込みはないのだけど、授業しながら考えたこととかは、このブログとかに時々でも書きとめていきたいものだ。

 

そんなこんなで結構あっぷあっぷで生活してます。

ちゃんと休むべきところは休み、断るべき仕事やお誘いは断り、いきたい。

でもまだまだ土日に授業準備をせざるをえない。要領が悪い。

 

某先輩の

 

ともかく、おそらくここ数年間でなすべきもっとも重要なことは、結婚生活を穏やかに軌道にのせること、です!

 

という言葉を胸に生きていこう。

*1:レポート課題については、学生を思考にいざなうレポート課題を読んで勉強中です。

*2:妻がもうこの実践をずっとやっているのでアドバイスをもらいながら。この授業実践の記録は

私の目は死んでない!―高校生通信『今、ここで』の10年間の記録 に。

*3:すべての授業で大福帳を使おう | KogoLab ここからテンプレートをダンロードしてる。ありがとうございます。

*4:もう一本は抜き刷りがあるので欲しい方がいらしたらお渡しします。