高専てつがく+α(仮)

「こどもの哲学」(P4C)とそれにまつわるものたちでテキストを書こう。みんなで書こう。これからは日々のことも綴ってみようと思います。

授業の行き詰まり感

不勉強を承知で

どうしても学生さんたちと考えたくて、昨年度に引き続き今年度も「ジェンダー」をとりあげた授業をしています。

 

授業のアイデアは某都倫研の紀要に載ったある先生の研究授業から大きな影響を受けている。

 

・「男」と「女」と聞いて思いつく言葉を挙げてみよう

フェミニズムという思想を概観する

・どんなジェンダー・バイアスがあるか考えてみる

・様々な昨今のニュースや政治家の発言を紹介する

・日本のジェンダー・ギャップ指数の低さを紹介する

ポリティカル・コレクトネスやアファーマティブ・アクションといった政策を紹介する*1

 

みたいなことを組み合わせつつ、最終的には、

多様性が大事、個性が大事っていうけど、「男らしさ」「女らしさ」みたいなものを自分や他人に押し付けるような偏見ってなかなかなくならないのはどうしてなんだろう。

男らしさや女らしさが自分にとっても他人にとっても「呪い」にならないといいな!

みたいな方向に向かっていく授業。

 

高専という学校もそしてそこから続くキャリアでも、ジェンダー・バランスが不均衡な空間でこそ一緒に考えてみる必要があると思っている。

感想を見ると

「大福帳」*2の感想を見ると、

  • 男女で同じことを求めようとするのは少し違うと思う。
  • 男らしさや女らしさというのは大事だと思います。それをなくしてしまうとみんな同じになってしまうからです。
  • 女性と話をするときは使う言葉に気を付けようと思いました。
  • 女の人は朝早くから夜遅くまで家事をしてその中に仕事をしている人もいて、そういう面でも自分は男がいいと思った。男のほうが何かと楽なので生まれ変わっても男がいい。
  • 男女平等でないと言われている今でも、社会はそれなりにうまくまわっていると思うので、平等でなければならない、というのはないと思った。
  • こんな話をしたって性差別はなくならないと思いました。なぜなくならないのかと考える、それは私には荷が重すぎる。

 まじかー、そんなことが言いたかったのでも、考えてほしかったのでもないよー、と思うようなコメントが結構あって、少しへこみます。

でもこういう風に受け止められていることがわかるので、 大福帳大事。

学生は悪くない。

こっちがうまく伝えられなかったのが悪い。

 

もちろん、うれしいコメントやちゃんと考えてくれるコメントもあるのだけれど、それは公開するのはもったいないので私の胸にしまっておくことにする。

それに、そういうよく考えてくれるコメントの多くは、私が授業をする前からよく考えている人たちだったろうとこれまでの授業での書き物や発言から想定される。彼ら/彼女らに届くのはもちろんうれしいのだけど、全然今までこういう問題について考えませんでした!みたいな多くの子たちにも届くなにかでありたい、というか、そこに届かなかったかなあという力不足感のほうが大きい。

 

 

男女でなんでもかんでも同じことを求めて、すべての「らしさ」をなくす話はしてないし、女性だけに気を使えばいい話じゃないし、「男の方が何かと楽」と感じちゃうことを問題視しているのだし、セクハラ・パワハラばっかで「社会はそれなりうまくまわってい」ないし、私たち個々人の意識の奥にあるバイアスを問題視しているのだよー。

 

授業設計の問題も大きい

こういう感想が返ってくるのにはいろいろ理由はあるはずで、そもそも寝ていてこちらの話をあまり聞いていなくて、男女平等とか差別反対とかそういう言葉*3から連想することを書いているだけかもしれない。

 

妻に愚痴ったら、1回や2回の授業で何かが変わると思うのは期待しすぎではないか。届いている人には届いている、という温かい言葉もいただいた。

 

ただそもそも私と学生とのあいだで、この授業の最後に大福帳にどんなことを考えて書いてもらいたいかについてうまく共有できていなかったことにも気づく。

ほんと当たり前すぎて反省の極みなのだけど、「いろいろ考える素材や情報を提供して、考えたこと書いてもらおう!」というあまりに安直な発想が自分にはなかったか。

あった。

 

新任研修的なものでも、あるいは教員免許をとるときにも、当然授業や単元の目標を設定し、そこから逆算していくという授業づくりを習う。だけど、気づくとそれができていなくて、「これを教えたい!」「あの話もこの話もしてみたい!」が先行してはいなかったか。

いた。

 

 

[高等教育シリーズ] 成長するティップス先生 (高等教育シリーズ)

[高等教育シリーズ] 成長するティップス先生 (高等教育シリーズ)

 

ちょうど本学図書館で借りたこの本を読む。前半のティップス先生の「授業日誌編」がわかるわかる。おもしろい。

 

 

ゴールを決めず自由に考えようぜマインド

「いろいろ考える素材や情報を提供して、考えたこと書いてもらおう!」的な自由に考えようぜマインドは自分が哲学対話とかを授業でやることとも関係していると思うけれど、もう少し具体的に学生たちと授業のゴールを共有する必要がある。

自由に考えようと言われて考えられるのは、さきほども少し言及したけれど、考えることにすでに慣れている人たちなのだ、きっと。

そうでない人たちは自由に考えよう、というと、授業内容をまとめたプリントを見返し、最も考えなくてすみそうな無難なことを書いてしまうのだよなあ。

だからある種縛りのある課題や、道筋をもって考えていけそうな刺激を用意して、一緒に助走をするのだ。

 

 

 

明日以降は大福帳のコメントに再度コメントをしつつ、このあたりのテーマで問いを出してもらったので、そこから哲学対話をしてみる予定。どうなるかなあ。

 

f:id:p4c-essay:20180627205005j:plain

写真は先日行った秋吉台のカルスト。いいところでした。また行きたい。

 

*1:こうやって挙げてみると、やってみたいことがいろいろありすぎて、とっ散らかってる

*2:

すべての授業で大福帳を使おうkogolab.wordpress.com

*3:私は授業中そういう物言いはほとんどしていないのだけれど