あなたとわたしのこどもてつがく(仮)

「こどもの哲学」(P4C)とそれにまつわるものたちでテキストを書こう。みんなで書こう。

じょじょに「先生」になっていっている自分がいやだ

いやー、新年度始まると全然ブログにまでたどり着かない。書きたいことは色々あるのに。

 

でもちょっとがんばって、この一ヶ月半くらい過ごしていて、感じていることを記録しておく。

 

 

●専門学校で授業したよ

去年に引き続き、四月は某専門学校で授業をさせてもらう機会があった。

専門外のことにも関わらず、一生懸命聞いて、考えて、参加してくれるのでとても楽しい。

今年は、去年とは3つ大きく変更した。

 

①哲学対話の量を増やすこと。

②勉強したことを使ってグループで即興劇を作る授業を入れたこと。

③レポートの課題を変えたこと。

 

①は去年もやったのだけど、今年は学生さんたちのほうがもっとやりたい!と言ってくれたので回数を増やしてみた。哲学的な深い内容になるかどうか、といった地点ではなくて、とにかく普段は専門の勉強や実習の準備で忙しくてクラスメイトともゆっくり話せないなかで、お互いの価値観を交換できる、というだけで、とても貴重に思ってくれているようだった。

 

 

 

②は、勉強した論理学やクリシンの技法を使って、高価な売りつけたり、高額の現金をむしりとったり、意中の人に自分のことを好きだと言わせたりするような会話文を作ってみて、グループで劇にして発表、という授業である。直前になって、このクラスでならこんなチャレンジもしてみたい!と思って、見切り発車でやってみた。丁寧に見れば、きっと色々な改善点はあったのだろうけれど、みんなで笑いながらこれに取り組めたのは僕にとってもとても貴重な体験だった。

すごいなと思ったのは、5、6人のチームだったので、劇は必ずしも全員でなくてもいいよー、と言っていたのに、全グループで全員が劇になんらか関わるようにしていたこと。ちゃんとしてる。

③レポートは、授業で勉強した論理学やクリシンの技法から一つ好きなものを選んで、それをA: 小学生に伝わるような文体で説明する、B: 二人以上の会話のやりとりを通してそれが説明されるような文章を書く、C: 文体は普通でいいけど、必ず自分の専門の場面の具体例を入れる、という書き方についての注文をつけてみた*1。まだ実は丁寧に採点していないのだけど、みなさん創意工夫してこの難題にチャレンジしてくれたことは一読してわかる。疲れつつあったときに、読んだので、とても元気をもらったのでした。他の学校でもチャンスがあれば取り入れてみたい。

 

 

●高校生に授業してるよ

高校生に授業してるよ。

なんで自分がこんな考え方をするようになったのかもうよくわからないのだけど、なるべく先生っぽくいたくない、と思っていて、結構変な感じで、ゆるい感じで、関わっている。授業最初の礼をしたあと、「あー!授業やりたくないぞ!」って言って肩をぐるぐる回して、「さあ、授業やるぞ!」って言ってから始めたりしてる。

授業プリントとかも作ってる。プリントに穴も開けてる。「今、ここで」*2をやってみたりもしてる。中間テストに頭悩ませたりもしてる。

 

で、反省もしている。  

 

 

 

ちょっと落ち込んだりもしている。 

 

 

 

基本的に私が雑談も交えつつだけどプリントで講義をしているほうのクラスのほうが好意的な評価が多くて、サイレントダイアログとかやったり生徒どうして教えあいしてもらったりしてワークが多いクラスのほうに厳しめのコメントが混じっている感じ。

でもそりゃそうか。先生は自分たちが作業するのみてるだけだし、作業させられてるこっちはだるいし、お前が先生なんだからお前が喋れよ、って思うよね。そうだよね。ごめんなさい。でも喋りたくないんです、実は。それに「授業だから、先生だからみんなの前で喋る」って別に絶対的なことじゃないよね、って言いたいのです。でもこのことをわかってもらうには、しっかりと私のやりたいことを伝えたり、あるいは活動の中身が意義深いものじゃないとダメですよね、すみません。

 

高専生にも授業してるよ

 ありがたいことに高専でも授業をしてます。ここでは哲学対話をたくさんやってる。

みんなで安心して、自由に、じっくり考えるためにはどうしたらいいか、を、私一人じゃなくてクラスごとに学生さんたちと考えることをやりたい。だから対話のルールを提案してもらったりもするし、実際に彼らが良いと思うやり方でもやってみたい。

 

 

 

ちょこちょこ哲学の授業もしてる。下手くそなソクラテスの解説をしたあとに出た質問。難しい。でもすごい。無知の知による探究の態度は、実はソフィストさんのような知ったかぶりの知者の存在を必要条件とするのではないか、という質問のはず。誰かが暫定的にせよなんらかの知を提示してくれて、それを疑うことで、哲学は始まるのではないか。みんながみんな、よくわからんなあ、よくわからんな、そのことを自覚しようなあ、と言っていても何も起きないんじゃないか。ということ。どうなんだろ。難しい。

 

でも、みんな素朴に思ったことを発言したり考えたりできる環境があると講義っぽい授業も楽しいこともある。 

 

高専では「大福帳」*3使ってみている。 コメントをマメに返すということはできないけれど、二回に一回くらい書いてもらうことで、あちらの感じ方や感想が知れるのは良い。

 

 じょじょに「先生」になっていっている自分がいやだ

それでも、こんな感じでのらりくらりやっていても、じょじょに「先生」になっていっている自分がいやな感じがする。でもなんでそんなに「先生」になりたくないのだろう。やっぱりこども哲学することと、「先生」になることは違うことなんだろうか。

この前も、某先生と一緒に哲学対話の授業に入ったとき、私が喋っても生徒はそんなに一瞬で静かにならないけど、某先生が喋り出すと生徒は黙るのだ。やっぱり「先生の声」ってあるよね。僕はそれがまだうまく出せないときがあるし、意識的にそういう声を出さないようにしてるところもあるけど、こんな抵抗運動に意味はあるのだろうか。

 

●論文が出たよ

昨年度の終わりにまとめていた「子どもの哲学」関係の論文が二本、新年度になって刊行されたのだけど、一本はWeb上で読めます*4

 

小川泰治「「子どもの哲学」における知的安全性と真理の探究 何を言ってもよい場はいかにして可能か」、『現代生命哲学研究』第 6 号 (2017 年 3 月):62-78。

http://www.philosophyoflife.org/jp/seimei201705.pdf

 

新年度になってからは研究は絶賛ストップしていて、当面は再開される見込みはないのだけど、授業しながら考えたこととかは、このブログとかに時々でも書きとめていきたいものだ。

 

そんなこんなで結構あっぷあっぷで生活してます。

ちゃんと休むべきところは休み、断るべき仕事やお誘いは断り、いきたい。

でもまだまだ土日に授業準備をせざるをえない。要領が悪い。

 

某先輩の

 

ともかく、おそらくここ数年間でなすべきもっとも重要なことは、結婚生活を穏やかに軌道にのせること、です!

 

という言葉を胸に生きていこう。

*1:レポート課題については、学生を思考にいざなうレポート課題を読んで勉強中です。

*2:妻がもうこの実践をずっとやっているのでアドバイスをもらいながら。この授業実践の記録は

私の目は死んでない!―高校生通信『今、ここで』の10年間の記録 に。

*3:すべての授業で大福帳を使おう | KogoLab ここからテンプレートをダンロードしてる。ありがとうございます。

*4:もう一本は抜き刷りがあるので欲しい方がいらしたらお渡しします。