あなたとわたしのこどもてつがく(仮)

「こどもの哲学」(P4C)とそれにまつわるものたちでテキストを書こう。みんなで書こう。

いかにして【小さな声】がかき消されずに合意が成立するのか?

はじめにの前に

2012年から2015年(だったはず)まで、都内の小石川中等教育学校の先生に実践の場を提供していただき、高校生と哲学対話をするという機会を継続していました。

 その一実践に、お越しいただいた方に、当時エッセイを寄稿していただいたのですが、私の全くの不手際でこれまでずうっと世に出せずにいました。この度大森さんにご連絡をし、掲載の許可をいただきましたので、こちらのブログで公開します。

 一回の実践しか見ていただいていないのに本当に目の付け所が面白くて、すごくて、ワクワクします。なんというか、最近別のところでも思うのですが、P4Cの実践や研究はしばしばアカデミズムの哲学研究と対置されますが、でもしっかり日々アカデミックな研究機関で哲学をされている方にも、このようなかたちでP4Cを見ていただけるんだとしたら、P4Cとアカデミズムの対置なんて阿呆らしいよなと、そう思ったりもします。

 後日僕も考えたことを別のエントリで書こうと思っています。

 

 大森さん、本当にごめんなさい。その上快く掲載許可をいただきありがとうございました!

 この論考がたくさんの方の目に触れて、みなさんの考えが刺激されますように!

 (以下本文にいくつか私の判断で注釈を入れさせていただいております。)

 

 

 

いかにして【小さな声】がかき消されずに合意が成立するのか?

—P4Cの実践現場からの考察—

                               大森 一三

 

1. はじめに  

 

 現在、子どもの哲学(Philosophy of Children. 以下P4Cと略記)は、哲学、倫理学、教育学をはじめとする学問研究としてだけではなく、さまざまな教育現場でも高い関心を持たれており、関連する論考や実践の報告も年々増えてきている。

 この度、都立小石川中等教育学校で行われた「小石川フィロソフィーⅡ現代社会in action」に参加し、P4Cの対話実践を行う際に生じる課題に対する解決の示唆を得ることができた。この短い稿では、P4Cの対話実践に伴う課題と、小石川での実践を通して得られた発見を簡潔に記してゆきたい。

 

 

2. P4Cの到達目標と課題  

 

 さて、P4Cを紹介している書籍や関連する諸論文では、一般的に、対話による子どもの哲学授業は1969年にM・リップマンが始めたとされている。だが、子どもに対して哲学的な問答を用いた教授法の実践は(もちろんなにをもって「哲学的な問答」とするかには議論の余地があるが)、少なくともリップマン以前、「教育の世紀」と呼ばれた18世紀の欧州においても、キリスト教のカテキズム(教理問答)を応用した仕方で試みられていたし、理念的にはソクラテスとその弟子たちとの対話に遡ることができる。だが、ここではそういった細かい歴史を掘り返すことは止めておこう。

 まずはP4Cの対話実践に伴う疑問ないし困難を提示してゆきたい。ハワイでのP4C実践の第一人者であるトーマス・E・ジャクソンの”Gentry Socratic Inquiry”(中川雅道訳, 2013. )*1ではP4C の目標を「自分自身で考える能力を育み、責任をもってその能力を使えるようにすること」と示した上で、対話実践を実際に行う際の「教師の位置づけ」や「スキル」が述べられ、P4Cの目標、特徴、課題とその解決が簡潔に提示されている。

 この論稿の結論を一言でまとめるならば、P4Cの目標成就は、P4Cを行うグループが対話実践を通して「探求共同体(Community of Inquiry)」となることにかかっているという点にある。

 「探究共同体」とはP4Cを行う教師と生徒が「教え:学ぶ」という関係から脱却し、一人ひとりの参加者が相互に相手を尊重し、信頼しながら問題を探究してゆく集団関係を意味する。

 したがって、ジャクソンの論稿で示されるP4Cの課題とは「探究共同体」を阻害する要因を取り除くことである。ジャクソンは、この課題を、「知的安全が確保されている場所(intellectually safe place)をどのように獲得するか」という課題と言い換えてもいる。

 「知的安全の確保」とはP4Cが行われるコミュニティ内で、 誰のどのような発言であっても受け止められ、多様な発言が意見として受け止められ、議論される環境を築くことを意味する。P4Cを実践しようとするならば、これらの課題が解決されるべきであり、ジャクソンの論稿では、その解決のための丁寧な仕組みや「スキル」が示されている。

 

 

3. テーマ設定に伴う危険:【小さな声】はかき消される?

 

 だが、多様な意見が相互に受け入れられ、尊重される場の成立など本当に可能なのだろうか。どれほど(「コミュニティボール」や「マジックワード」やその他諸々のルールなどの)「スキル」を用いても、参加する子どもの性格やこれまでの関係性、言語能力の差の方が強く影響し、結局は「声の大きな者」の意見のみが対話の場を支配するのではないだろうか。一見、「知的安全の確保」が成功 し、対話が進んでいるように見えたとしても、実際は、哲学対話の場の実施者(それは多くの場合、教師や大人である)の仮説の成功を表面的に見ているだけではないか。

 こうした懸念はP4Cの実践の過程ではとりわけ「テーマの設定」の際に表面化するだろう。ジャクソンの先の論文では「テーマの設定」は子供の関心に従って自由に選択することが強調されている。

 だが、自分の「関心」を明瞭かつ説得的に述べることをできる【大きな声の子供】もいれば、消極的で全体の調和を慮って、自分の「関心」を引っ込めてしまう子供や、自分の「関心」をはっきりと述べることが苦手、あるいは自分の「関心」を掴むことが十分にできず、まったく主張をしない【小さな声の子供】もいるだろう。

 そうした中では、最初のテーマ設定の段階で、いかに「スキル」を活用しようとも、結局は【大きな声の子供】の声のみが反映されてしまい、本当の意味で多様な意見が相互に受け入れられ、尊重される場など成立しないのではないだろうか。

 

4. 「意見の一致による合意」ではなく「テーマの変質による合意」
  —フィロソフィア小石川での考察より

 

 主観的な体験に基づいた意見ではあるが、フィロソフィア小石川*2でのP4Cの実践に関していうならば、最終的には多数決を持ってテーマの設定を行ったが、それでも【小さな声の子供】の声はかきけされず、十分に汲み取られた上でテーマ設定が行われたのではないかと思われる。ではそれを可能にした要因は何だったのか。

 フィロソフィア小石川での第四回の対話*3では、テーマの設定に際して、最初は7つのテーマが提案され、どのテーマに対しても「そのテーマにしたい」という希望者が複数名いた。

 参加者は、 テーマ設定に際して、それぞれにそのテーマを希望する理由や背景を互いに質問し、意見を交換してゆく時間を十分に取り、最終的には、多数決で「個性は大切か」というテーマが決定されることになった。

 では、参加者たちは、各テーマに対しての質問や意見を交換する中で「個性は大切か」を主張する【大きな声】に説得され、あるいはその説得の勢いに負けて最終的にこのテーマへと合意したのかといえば、おそらくそうではない。

 というのも、 「個性は大切か」というテーマに決定した後に、このテーマに関する対話を積極的に進め、様々な意見を出した参加者の多くは、当初は「個性は大切か」以外のテーマを希望していたからだ。

 では、「フィロソフィア小石川」では、どのようなことが起きて、テーマの合意が成立したのか?ここで、その場を観察しての仮説を述べたい。

 参加者たちは、テーマに対する質問と意見を繰り返す中で、そのテーマが、実は別のテーマや、あるいは声には出されなかった自分の別の関心と結びついていることを発見していったのではないだろうか。実際、「記録」にある生徒②の発言*4は、「当初、自分が希望していたテーマとは異なるテーマが、実は自分の関心と結びついていた」という発見を述べている。 テーマについての質問と意見の際に、参加者の側で起きていたことは、こうしたテーマと自分の関心の結びつきの発見なのではないだろうか。

 つまり、それぞれがある質問を吟味する中で、それぞれの中で「そのテーマ」に対する見方が変わり、自分の関心と結びついたものとして現れてくる。あるいは、自分の中で気づかなかったら新たな関心が喚起される。あるいは、当初抱いていた自身の関心自体が変容してゆく…。そのようにして、テーマ設定に対する質問と意見交換が一巡する頃には、当該のテーマ自体が、最初に提案されたころのものとは質的に変化している。

 この観察を通じて示されているのは「【小さな声】も汲み取って合意する」ということの可能性についての仮説である。

 その仮説とは、「【小さな声】を汲み取っての合意」とは、「各人の意見の交換のなかで、説得が行われ、多数決によって一つのテーマへと収斂する」というあり方ではなく、「それぞれの意見を聞く中で、それぞれの関心と、テーマそのものが変質する」というあり方で行われる「合意」である。

 もちろん、全員のなかでこうした事態が発生し、すべての【小さな声】が斟酌されたと断言することはできない。だが、小石川フィロソフィアの実践に対する考察には、たんなる「意見の一致としての合意」というあり方以外の「合意」の可能性を示していると言える。

 

f:id:p4c-essay:20170211101027p:plain

*1:http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/24717/1/clph_14_2_056.pdf

*2:私たちは小石川での哲学対話の活動をこう呼んでいた

*3:この日の参加者は中等4年生(高校一年生)14名、高校大学教員1名、大学生・大学院生などが7名であった。時間は休み時間を含めて100分間。

*4:「私は最初「なぜ勉強しなければならないのか」が気になってて、でもその〇〇さんとか××君の意見を聞いて、自分を表現するとかその行動についての個性まで話が拡げられるのに気づき、さらに自分で考えたのは、よく評論とかで近代的個性とか個人主義とかもあるので、そういうのも、そのもしかしたら個性による弊害も、現代社会であるのではないかっていう点についても触れられるので、「個性は大切か」っていう問いを推します。」

ふつうじゃない

昨日は、某所でのこども哲学にかかわりたい人のための講座のお手伝い。

様々な職業、年齢の方がたくさんお集まりいただいて、いつもとても盛況で、いつの間にこんなことになったのだ、と驚きつつ、毎回楽しく過ごさせてもらっている。

 

講座の内容はいちいち書かないけれど、受講者の方達からいただく質問が核心をつくものばかりだし、こちらもいつも悩んだり、お酒を飲みながらみんなと話しているようなことばかりで、一生懸命自分もその場で考えながら、嘘のないように、定型文的な回答にならないように、応答したいと思っている。でも、うまくできているのかわからない。

 

最近は、やっぱちゃんと考えたいと思っている人からの質問や問いかけには、こっちらもう知っていることの範囲でさらっと答えてみせることよりも、こちらもその場でなるべく丁寧に考えながら答えたほうがいいよなと思っている。だって、さらっと答えられることは、どこかを調べれば書いてるんだよ。目の前に問いに対しては、目の前で一緒に考えたい。

 

前置きはおしまい。

こんな質問たちでした。

 


  • こども哲学とおとな哲学にちがいはあるのか?
  • 対話の場で騒いでしまったり、落ち着きがない子など他の子が考えることを妨げるような子がいたときに、どうやって対処したらいいか?こどもの哲学では多様性は大事なことだとは思うのだが。。
  • 今、哲学をすることが必要だと考える理由や背景は?
  • なぜ哲学プラクティスのなかでも子どもを対象にするのか。
  • 対話の場にはルールが共有されているが、社会ではそうではない。対話の場と社会の場では大きなカベがあるのではないか?そこを接続することはできるのか?
  • こどもの場合、対話のあとに何かスッキリした感じや、やってみてよかったなという感じを持たせてあげたいと思うのだが、それを与えてあげるためになにかアイデアはあるか?
  • 対話において板書をすることのメリット、デメリットとは?
  • 昨今話題のアクティブ・ラーニングとの接点はあるのか?
  • 哲学対話において沈黙は安全なことか?
  • 実際、どれくらいの沈黙がこどもとの対話の場面では起きるのか?
  • 対話の導入をどうするのがよいか。問いが決まったら、そのままそれを投げかけてしまうだけでよいか?もう少し何かファシリテーターとして対話を始めるためのきっかけを用意すべきか?
  • 低年齢の子どもたちだとたくさん話しすぎる(、そして人の話が聞けていない)ときどうすればよいか?
  • 学校の授業で取り入れたい場合、対話そのものの成績評価をどうすればいいのか?
  • 対話の場では自分の出した問いではなく、他人の問いが選ばれることが多い。子どもたちに他人の問いを問うことができるのか?
  • 哲学対話をやったことのない子どもたちに対して、探求に向けて誘うための工夫などはあるか?
  • 子どもはなかなか「考えることが楽しいよ」といったくらいでは前向きに参加してくれないこともある。なにかこども哲学をするとこんなことに役立つ、というような理由を説明してあげたいのだが、どう説明していくことができるだろうか?
  • 子どもが参加者としている場で親がファシリテーターをすることはできるか?
  • 親が子ども哲学の場を見学したいといったとき、安全性のことを考えたら断ったほうがよいと思うのだが、うまい断り方はあるか?
  • 哲学対話と話し合いを明確に分ける違いはあるか?
  • ママ友どうしなど、同質性の高い集団での対話を行うと、関心や思考が似通っているためもあってか、うまく対話が展開していかないことがある。うまい問いの決め方のコツはあるか?
  • 狭いコミュニティ内(たとえば、田舎の学校の複式学級など)で対話をするときに、関係性が固定化してしまうことがある。いつも司会っぽいことをする子、たくさん話す子、あまり話さない子といった関係が崩れていかない。どうしたらいいか?
  • 一人の子がずうっと続けてしゃべっているとき、なにかファシリテーターとしてできることはあるか?

 

 

ああ、すごい。これはたくさんあった質問から選び抜いたわけじゃなくて、そこでなされた全ての質問を基本的にはあげているのだ。それでこのクオリティだぞ。

 

ふつうじゃない。

クレイジー*1

 

.....

ふつうじゃない話。

その講座では実際に哲学対話を体験してみる時間がかなり多く取られている。

僕もたっぷり対話に参加したのだけれど、一つの問いは「ふつうとは何か?」だった。

 

少人数で色々楽しく考えているうちに、僕も話したくなってしまって、自分が高校で哲学科に入ろうと決めたあたりから、一般的には「ふつうじゃない」と見えるような筋にずんずん進んでいる、別に後悔はしていないけど、同世代の「ふつう」(働いていることとかボーナスがあることとか子どもがいること)からずれていることはいつもどこかで意識していた、という話をした。

 

そのとき、僕が自分のことを「ふつうじゃない」とか「変」とか言いすぎたからか、ある女性が少し泣きそうな顔をして「そんな「ふつうじゃない」とか「変」とかたくさん言われると悲しくなる。別に全然変じゃないよ!」という趣旨のことをおっしゃったのが印象的だった。

 

確かにふつう/ふつうじゃない、って価値評価を多分に含むし、気持ちのいい言葉ではないけど、事実として多数に対して「変」であることは変わりない。

 

その対話のなかでは哲学科は単なる例示だったけれど、でもやっぱり哲学しようぜ!なんてのは基本的にとても変でクレイジーなことなんじゃなかろうか。

 

入門講座です!って言ってるのに、上記のような質問しか出てこないものやっぱり変だと思うのです。ほんとに素晴らしいし、感動すら覚えるけど、でも変です。

 

こども哲学は楽しいし、のんびり和やかにやりたい。すごくいい感じのものだ。

でも、実はこれはおそらく、ふつうじゃない何かなんだろうという気持ちでなくちゃいけないと、思っている。

自分がふつうじゃないような、哲学することをやろうとしていて、それでお金をもらうことも増えてきて(またお金の話だ)いることは、こうやって注目が集まりつつあるなかで、それでもやっぱり結構変な生き方なんだ、調子乗んなよって、自分に言おう。

*1:クレイジージャーニーというテレビ番組がとても面白い。

「太陽は四角いのよ」とママが言いました。

 

今日は「ねこてつ」(ねりま子どもてつがく)さんにお声かけいただいて、親子で哲学対話。

 

全容はこちらから。

www.facebook.com

 

ポスターを作って、告知や会場もとっていただいて、年長から小学3年生までのお子さん12名とその保護者の方達で計25名くらいと大盛況。僕は当日行って楽しくお話しして帰ってくるというなんとも役得な日曜日でした。

 

 

題材選びから結構クレイジーだった

 

今日は、まずは*1、みんなで「なんでもバスケット」をしてウォーミングアップをしたあと、

「太陽は四角い!」というタイトルのお話(これについては後述)と、「くいしんぼうのあおむしくん」という絵本から気になる方を選んでもらったのだけど、

かたやただのコピー用紙に字ばっかり印刷してるのと、素敵な見た目の絵本。

そりゃあ絵本が選ばれるのだろうと思っていたのに、僅差で「太陽は四角い!」が選ばれたのでした。

 

今日の参加者はクレイジーでした。

 

お話のあらすじ 

土倉の中でめんどりとひよこが飼われていた。めんどりはひよこたちに「「わたしたちは四角いお部屋で暮らし、四角い太陽を浴びて、最後は四角い鉄板に乗せられていく。それはとてもしあわせなことだ。」と教え、みんなはそれを信じてしあわせに暮らしていた。ある日1匹のひよこが脱走し、驚いて土蔵に戻ってきて、みんなに太陽は丸いことを教えた。他のひよこはそのひよこをいじめて目を潰した。そして皆で四角い太陽を信じて末永く幸せに暮らした。 – あの本のタイトル教えて!(児童書板)まとめ

 

そこから読み聞かせをして、問い決めをしたわけだけど、結構長くて絵もあまりなくて、複雑な内容なのに子どもたちがしっかり聞いて内容を把握してくれたおかげで、こんな問いが出ました。

f:id:p4c-essay:20170129181023j:plain

 

投票で負けてしまったかわいそうなあおむしくん。

www.ehonnavi.net

 

 

そとのせかいをしらないほうがしあわせ?

対話もとっても楽しかったのだけど、丁寧にまとめるほどちゃんと覚えていないので細かくは書きません。でも少しだけ。

 

ぼくは前半は、年長、小学1年生チームで、後半はそのチームにおうちの人を加えたチームで対話をしたのだけど、直前まで「興味なーい」って感じだったはずなのに、なんか急にスイッチが入ってみんなめちゃくちゃしゃべってくれた。圧倒された。

 

もう人間に食べられてしまって今は亡き母めんどりが命がけで12羽の子どもたちに伝え続けた「太陽は四角いものだ」という教え。それを頑なに信じ続けるのか、外を見てきた兄弟の「実は太陽は丸かったんだよ!」という経験を信じるのか。

 

子どもたち自身も「外の世界に出て本当のことを知ることは幸せなんだろうか」ということについて、そして「お母さんのいうことはいつでも信じなくてはいけないのだろうか」ということについて、すごく頭を使ってくれてた。

 

 

 

とてもとても楽しかったです。

コウグチさまはじめ、ねこてつのスタッフのみなさん、参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

出典のわからないなぞのものがたり

 

 さて、今日のお話、そもそも出典をコウグチさんもご存知ないらしい。 

 

クレイジーな参加者たちと日曜日の午前中にたっぷり哲学をしたその素材が一体どこの誰が書いたお話なのかがなぞ、というなんともこれまたクレイジーなおまけつきでした。

 

 

 

*1:正確にはその前に少しこども哲学の説明をしている。こんな話をしたつもりだけど、どれくらい伝わったかしら。

「こども哲学とは?」

おとなもこどもも一緒になって、みんなの気になる問題について、ゆっくり話して、よーく聞いて、じっくり考える時間です。

1+1=?2だよね。これには答えが一個しかない。もしこの答えを3て書いたら?間違ってるよね。今みんながいるのはなんて国か知ってる?日本だね。ここのことを言いや違うよ、ホニンだよとかニンホだよ、って言ったら間違ってるよね。みんなが普段考えてる問題ってこうやって答えが一個しかないものがあるね。

 でも今日考えるのは、そうじゃないよ。たとえば、友達ってたくさんいた方がいい?ってことを哲学では考えることがあるけど、これに絶対正解の答えはあるかな?あまりなさそうだよね。こども哲学では、こんな風に答えが一つにすぐは決まらないものを、みんなでゆっくり考えるよ。おとなもこどもも答えを知らないんだ。僕も知らない。こういうことを考えるのは、きっと楽しいよ!説明はここまで、とにかくやってみよう!